ホーム > 前回(2021年)の専門セミナー

前回(2021年)の専門セミナー

本業界の第一線でご活躍中の専門家の方々を講師に迎え、介護施設・介護事業者、及び介護事業に関わる
全ての方々を対象に、「業界動向コース」「経営者向けコース」「超高齢社会のまちづくりコース」
「施設運営コース」「人事・教育コース」「介護の食コース」「ケアマネジャー向けコース」
「介護のテクノロジーコース」「介護予防コース」「出展商品紹介セミナー」の10のテーマで、
総計13セッションの専門セミナーを開催しました。

期間:2021年5月18日(火)~5月19日(水)会場:札幌コンベンションセンター

コース別プログラム一覧

日程別全セッション一覧

の数字はセッション番号です。

※講演題目(青文字)をクリックすると詳細をご覧頂けます。

時 間

5月18日(火)

10:20

11:20

《ケアマネジャー向けコース》

環境変化の中で、ケアマネジャーにこれから期待されること

(一社)北海道介護支援専門員協会 会長
村山 文彦

10:40

11:40

《経営者向けコース》

コロナ禍で一気に加速する介護業界のM&A

ブティックス(株) 介護M&A支援センター 常務取締役
速水 健史

12:20

13:20

《介護のテクノロジーコース》

高齢者ケアにおける介護ロボットの活用と施設・在宅の課題解決

北海道社会福祉協議会 介護ロボット普及推進センター センター長/
全国福祉用具相談・研修機関協議会 副代表
中村 健治

13:40

14:40

《介護の食コース》

給食サービスの経営改善と、感染症食中毒対策 ニュー・クックチル・システム

新調理システム推進協会 事務局長/ニチワ電機(株) 専務取締役
西 耕平

※タイトルが若干変更となりました。講演内容には変更ございません

14:00

15:00

《業界動向コース》

令和3年度介護報酬改定の最終確認と新制度下の実地指導対策

小濱介護経営事務所 代表
小濱 道博

15:40

16:40

《超高齢社会のまちづくりコース》

少子高齢化社会におけるまちづくりのデザイン ~持続可能な地域福祉社会のために~

北星学園大学 名誉教授/まちラボSAPPORO 所長
杉岡 直人

時 間

5月19日(水)

10:20

11:20

《人事・教育コース》

介護現場が変わる~心理テストを活用した職場関係改善~

キャリアコンサルタント/産業カウンセラー
米倉 美和子

10:40

11:40

《特別フォーラム》

熱く語ろう。「コロナに負けない、私たちの介護!」@リビング・オブ・ザ・イヤー2021

日本の介護(株) 代表取締役/リビング・オブ・ザ・イヤー実行委員長 昆野 仁
グッドタイムリビング(株) 代表取締役社長 森川 悦明
日本ホスピスホールディングス(株) 執行役員戦略本部長 三重野 真
(予定)
※登壇者に一部変更がございます

12:20

13:20

《経営者向けコース》

2025年に向けた介護事業経営 ~今後の制度・報酬改革の展望を見据えて~

(株)ASK梓診療報酬研究所 代表取締役 所長
中林 梓

13:40

14:40

《業界動向コース》

Society5.0と介護政策の動向

北海道医療大学 看護福祉学部 教授/臨床福祉学科長
志水 幸

14:00

15:00

《施設運営コース》

介護事業の明暗を分けるサービスマナー ~介護業界にはびこる誤解とリスク~

北海道介護福祉道場 あかい花 代表
菊地 雅洋

16:00

17:00

《介護予防コース》

介護予防の生理学 ~食事・運動・生活習慣~

札幌医科大学 医学部 細胞生理学講座 教授
當瀬 規嗣

(敬称略)

※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

コース別プログラム詳細

高経協特別フォーラム

5/19
(水)

10:40

11:40

高経協特別フォーラム

熱く語ろう。「コロナに負けない、私たちの介護!」
@リビング・オブ・ザ・イヤー2021
受講を申し込む

目に見えない脅威と闘いながら、お互いにエールを送り、励ましあう「Withコロナ応援メッセージ」。その中から、実行委員会が熱き思いを感じとった作品を選び、制作の過程や寄せた思い、コロナ激闘の苦労話などを、応募者代表の方々に存分に語っていただきます。(予定)

日本の介護(株) 代表取締役/リビング・オブ・ザ・イヤー実行委員長 昆野 仁
グッドタイムリビング(株) 代表取締役社長 森川 悦明
日本ホスピスホールディングス(株) 執行役員戦略本部長 三重野 真
(予定)
※登壇者に一部変更がございます

の数字はセッション番号です。

業界動向コース

5/18
(火)

14:00

15:00

令和3年度介護報酬改定の最終確認と新制度下の
実地指導対策
受講を申し込む

令和3年度介護報酬改定は過去最大規模の実務的な大改定となった。加算の算定要件が大きく変わり、LIFEデータベースや業務継続計画(BCP)などへの取組も急務である。今回は新たな取り組みのポイントを整理して、新年度の実地指導に備えるためのコンプライアンス講座である。

小濱介護経営事務所 代表
小濱 道博

5/19
(水)

13:40

14:40

Society5.0と介護政策の動向
受講を申し込む

Society5.0においては、ビッグデータをいかに活用できるかが重要な課題です。昨年の「地域共生社会の実現のための社会福祉法等の一部を改正する法律」では、医療・介護のデータ基盤の整備の推進が指摘されています。セミナーでは、そこに至る経緯や法改正の意義についてお話いたします。

北海道医療大学 看護福祉学部 教授/臨床福祉学科長
志水 幸

経営者向けコース

5/18
(火)

10:40

11:40

コロナ禍で一気に加速する介護業界のM&A
受講を申し込む

コロナ禍で激動の時代に突入した介護業界。いま介護業界では一体何が起きているのか?そして、報酬改定を踏まえて今後どうなるのか?それを考えるうえでの大きなカギとなるM&Aについて、事例を一挙紹介するとともに、失敗しないためのM&A成功マニュアルについて、お話いたします。

ブティックス(株) 介護M&A支援センター 常務取締役
速水 健史

5/19
(水)

12:20

13:20

2025年に向けた介護事業経営 
~今後の制度・報酬改革の展望を見据えて~
受講を申し込む

2021年度介護報酬改定はコロナ禍において、感染対策などが求められた改定となりました。2025年に向けた地域包括ケアシステムの推進への取組や自立支援や重度化防止のための評価、更には科学的介護の推進は人口減が予測される2040年に向けた取組となっています。これら全体を俯瞰して改定概要を解説致します。

(株)ASK梓診療報酬研究所
代表取締役 所長
中林 梓

超高齢社会のまちづくりコース

5/18
(火)

15:40

16:40

少子高齢化社会におけるまちづくりのデザイン 
~持続可能な地域福祉社会のために~
受講を申し込む

ウィズコロナ時代の持続可能なまちづくりとは、地方居住の生活と仕事をつくりだすオリジナルな発想を形にすることです。講演では全国各地の訪問事例を取り上げて、地域福祉社会の実現にふさわしいサービスの開発と利用のあり方について考え、ビジョンを共有する文化を創り出すことの大切さについて取り上げます。

北星学園大学 名誉教授/まちラボSAPPORO 所長
杉岡 直人

施設運営コース

5/19
(水)

14:00

15:00

介護事業の明暗を分けるサービスマナー 
~介護業界にはびこる誤解とリスク~
受講を申し込む

介護事業においてサービスマナー意識が求められる理由は顧客意識の変化によってお客様に対してホスピタリティ精神を持たない従業員しかいない介護事業者が顧客から選択されなくなり事業経営が困難になっているという事情が影響している。サービスマナーは倫理上の問題を超え顧客確保のための事業戦略となっているのである。

北海道介護福祉道場 あかい花 代表
菊地 雅洋

人事・教育コース

5/19
(水)

10:20

11:20

介護現場が変わる~心理テストを活用した職場関係改善~
受講を申し込む

限られた人員で仕事をこなさなければならないが離職が止まらない~管理職や人事担当者、経営者の方々が抱える悩みです。現場のコミュニケーションが良くなれば効率的に仕事が進み離職も防げるはず。職場を活性化するコミュニケーションのツボとは何でしょう。心理学の観点から戦略的な人材活用についてお話しいたします。

キャリアコンサルタント/産業カウンセラー
米倉 美和子

介護の食コース

5/18
(火)

13:40

14:40

給食サービスの経営改善と、感染症食中毒対策 ニュー・クックチル・システム
受講を申し込む

高齢者施設において、食事は大切なサービス。美味しさはもとより、弱者である高齢者への、感染症食中毒対策は最重要課題です。HACCPに対応した、給食サービスの経営改善と、感染症食中毒対策について、分かり易く解説しご提案します。
※タイトルが若干変更となりました。講演内容には変更ございません

新調理システム推進協会 事務局長/ニチワ電機(株) 専務取締役
西 耕平

ケアマネジャー向けコース

5/18
(火)

10:20

11:20

環境変化の中で、ケアマネジャーにこれから期待されること
受講を申し込む

2025年をランドマークとして推進してきた地域包括ケアに、2020年からのコロナ禍はどのような影響を与えるのでしょうか。 財源、認知症、在宅看取り、施設観、通所ニーズ、介護予防、病院機能・・・。 アフターコロナでケアマネジャーに求められる役割や視点について、皆さんと考えてみたいと思います。

(一社)北海道介護支援専門員協会 会長
村山 文彦

介護のテクノロジーコース

5/18
(火)

12:20

13:20

高齢者ケアにおける介護ロボットの活用と施設・在宅の課題解決
受講を申し込む

介護職場では、業務をより安全に、正確に、効率的に行うことや職員の負担軽減に取組み、楽しく働きがいのある職場環境を整備することで、職員のモチベーションアップや人材の定着、確保につなげ、最終的には介護サービスの質の向上を目指しています。介護ロボットの活用で介護のイノベーションは起きるのか…

北海道社会福祉協議会 介護ロボット普及推進センター センター長/
全国福祉用具相談・研修機関協議会 副代表
中村 健治

介護予防コース

5/19
(水)

16:00

17:00

介護予防の生理学 ~食事・運動・生活習慣~
受講を申し込む

正しい食事、適度な運動を日頃から心がけ、生活習慣を改善して、健康寿命を延ばし、介護予防を達成する考え方を解説します。

札幌医科大学 医学部 細胞生理学講座 教授
當瀬 規嗣

出展商品紹介セミナー

5/19
(水)

12:30

13:00

『転倒転落リスク低減』と『職員の負担軽減』を叶える!見守りシステム
受講を申し込む

最近、ご利用者様の転倒・転落について等、お悩み事はございませんか?「見守りライフ」で転倒リスクや業務負担軽減に役立つ、知らないと損!な使い方をご紹介いたします。

トーテックアメニティ(株)

ページ上部へ